BLOG

【大久保の首肩専門】【胸郭出口症候群改善】筋膜リリースその②

2018/07/20

今回は、胸郭出口症候群改善のセルフケア第2弾をお伝えしていきます。

胸郭出口症候群には「肋鎖症候群」というタイプがあり、

第一肋骨と鎖骨の間の空間が狭くなることにより痺れや痛み、

冷感や脱力感が出てきます。

 

特に症状が無い方でも、腕が上がりにくい方などはこの筋肉が

固まっている場合があるので、ぜひ試してみてください(^_-)-☆

 

肋鎖症候群改善のセルフケアはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

やり方がよく分からない、自分がどのタイプの症候群か気になる、

など感想、ご質問がある方はメールやお電話で無料相談も

受け付けていますので遠慮なくご連絡ください。

 

最後まで動画をご覧いただきありがとうございました(^^♪